>>>Memoir pour Moi-meme<<<
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成23年1月29日(土):非情なる深海
6時半起床。爽やかとは言い難い目覚めながら、外は快晴に近い晴天。今日明日は抗ガン剤はナシと聞いているが、まだ続いているようだ。今日は週1回の面会日なので、身の回りをすこし整理整頓する。多少小綺麗になった感じだが、さほど変わり映えはしない。[8:30]

・10時:若干便通あり。歯磨き、洗顔、髭剃り。不味いウガイ薬使用。
・11時:休日担当医の回診。
・昨夜からエジプトのムバラク政権崩壊へのカウントダウンが話題に。[12:00]

・午後の面会時間:来客前後計5名・抗ガン剤点滴中で殆ど横たわったまま。

・18時30分:間もなく抗ガン剤終了か。今日はやけに長く感じる。

  ===================
  音なし光なし非情の深海
  焼け跡を踏みしめてこの身は来た
  往く春かすかな夢を育み
  指し伸べる腕空しく宙に舞う
  ===================


・20時30分:ようやく抗ガン剤の点滴、終了! 束の間の開放感。

平成23年1月28日(金):病室を移動する
6時半に目覚める。若干の胸苦しさ。鳩尾の辺りを締め付けるような不快感。体温37.4度。今日も放射線と抗ガン剤の注入。明日明後日の土日は抗ガン剤を止めて、栄養補給だけになると聞いている。今日一日を乗り切ると少しは楽になるかも。それを期待しよう。[7時半]

やっと窓にレースのカーテンがついた。一週間ぶりにやっと二重カーテンになった。

・10時半、熱いシャワーをたっぷり浴びる。三日ぶり。多少疲れも取れてさっぱりした気分。毎日浴びればいいのだろうが、かえって疲れるかも。一日置き程度にするか。

昼過ぎ、突然病室の移動を告げられた。
今まで内科病棟のある西館に居候していたのが、外科病棟が開いたのでそちらへ急遽移動とのこと。大急ぎで荷物でを2台のワゴンに載せて東館へ運搬。といっても万事お任せ座ったまま指示をしていただけ。

新しい病室は、今までよりも使い勝手がいい。広さは変わらない。ちょっと贅沢だが、シャワー付なのが嬉しい。ただ、荷物の移動が終わってから、新しい部屋に合わせて種々雑多な品物を整理するのが大変だった。何とか一通り片付いたの時、はや夜のとばりが降りてしまった。今日も早寝だ。


平成23年1月27日(木):早起きは三文の徳
7時起床。割合すがすがしい目覚め。カーテンを開けると雲ひとつない快晴の朝景色。夜勤看護師さんから昼間の人に交代。皆さんの親身な介護に感謝。またヘルパーの方々は、掃除、ゴミ収集、拭き掃除、ゴミ箱交換、などなど、それぞれに一人ずつ。今日は格別念入りな作業ぶりだった。

午前中、DVDでゴダールの『軽蔑』を観る。付録の資料類が充実している。今日は放射線とレントゲン撮影があるはずだが、まだ時間の連絡はない[11:00]

・14時~14時30分:放射線と胸部X線撮影
点滴は途絶えることなく、24時間体制で継続している。
利尿剤が入っているらしくちょっちゅうトイレに通う。

・夕方になると少し疲れが出てきた。夜になって無神経な電話がかかってきて苛つく。こちらの状況など察する余裕がないのだろう。まあ仕方がないか。少し早いがスリープ・モードに移行するとしよう。

01/26のツイートまとめ
FeldenInfo

@crescent1221 吐き気等の資料をお送り下さりありがとうございました。国立がんセンター東病院は八千代医療センターで放射線治療に関して候補のひとつでしたが、どうも研究が主だから習志野の方がいいでしょうと言われてこちらに来ています。お送り頂いた情報はすごく参考になりました。
01-26 12:00

@crescent1221 "J'ecrit ton nom" のリフレーンを重ねながら淡々と、しかい重層的に展開し、ラストの "ton nom est la liberte ! " と静かに終結する瞬間に拡がる熱い想い、あれは今も忘れられません。
01-26 12:10

今日の体調は割合良好です。7時頃に起きてメールやツィッターのチェック。栄養補給は2台の輸液ポンプにぶら下がった3個の袋にお任せ。まだ当分この状態は続きそう。時間はたっぷりあるので本を読んだりDVDを観たり。美味いものが食いたいがテレビの料理番組を観ていると帰って飢餓感がつのる。
01-26 17:35

平成23年1月26日(水):今日の体調は割合良好です

今日の体調は割合良好です。7時頃に起きてメールやツィッターのチェック。栄養補給は2台の輸液ポンプにぶら下がった3個の袋にお任せ。まだ当分この状態は続きそう。時間はたっぷりあるので本を読んだりDVDを観たり。

美味いものが食いたいがテレビの料理番組を観ていると帰って飢餓感がつのる。今日の予定は午後4時半からの放射線だけなのでそれまでのんびりと過ごす。放射線は10分余りで終了。

昨日の最悪の状態からは考えられないほどの体調。この調子が続けばいいが。昨夜はサッカー日韓戦を観ようと思ったら、余りにもひどい体調だったので眠り込んでしまい、眼が覚めるとPK戦に入るところ。かろうじて一番おいしい場面をみることができた。

散らかしっぱなしの病室内の整理をする。若干見栄えがするようになったか。ベッドの左側にPowerBook用の再度テーブル、右側には備え付けの小型テレビなどのある収納棚、そこに細々したものをまとめて置いた。使用するときには上体を起こしてベッドの布団の上でになることが多い。

入院してから今日でちょうど2週間、あとここに2月10日までの予定。


01/25のツイートまとめ
FeldenInfo

いやあ懐かしい! (cont) http://tl.gd/8c0rkm
01-25 01:45

懐かしい!20代初期SPレコードで擦り切れるまで聴きました。ラストでいつも魂が震えました。 RT @crescent1221: @FeldenInfo お見舞い:Gérard Philipe - Liberté (Paul Eluard)
01-25 01:53

1月25日火曜:抗ガン剤投与二日目
昨日から始まった抗ガン剤投与、当初は大したことなさそうと思ったが、夜中に胸苦しくおまけに間歇的にシャックリの連発と痰が絡まって眠られぬ一夜を明かす。抗ガン剤のせいなのか、それとも寒さとか別の原因なのか定かではない。今日担当の先生(千田貴志医師)の話ではそういう症例が出たこともあるというやや曖昧な回答。今日も朝からシャックリに悩まされ続けている。昨夜あまり寝てないので昼間から寝たり起きたり。今夜はサッカー日韓戦を観たいので、今の内に寝ておくことにしよう。

今朝は、そんなわけで7時には眼が覚めてしまった。8時に体重測定、10時にシャワーを浴びて、11時から放射線治療、これはわずか10分以内で終了。これは食道内の腫瘍をやっつけるため。被爆量がすごいので照射にはリミットを守らねばならないならないらしい。習志野へ来たのは、八千代医療センターには放射線治療の設備がないから。放射線が終了すると、八千代に戻って化学療法と点滴になる。この転院は2月10日頃になるはず。あと2週間余か。八千代での入院生活がどのぐらいになるかは、病状の変化しだいということになる。トータルで3ヶ月かた5ヶ月にはなるだろうと予感する。何とかこの期間を生き延びるのだ。昨日3台だった点滴の輸液ポンプ、今日は2台。休むことなくて肩の静脈から薬剤と栄養剤が体内へ送り込まれている。

相変わらず間歇的なシャックリは持続している。これが結構辛い。

1月24日(月曜)恐怖? の抗癌剤治療スタート・・・
【11:30】午前中に放射線と歯科治療、部屋に戻って抗癌剤治療のスタート。自分の病室で、大型のタワーが聳え立ち2台の電動式注入ポンプが鎮座している。かなりの圧迫感がある。口内炎や胸焼けがする、吐き気が激しくなることもあると脅される。

朝早くは曇り空に霙が降る厳しい寒さだったが、正午近くなり、薄日が射してきた。この分だと午後は快晴になりそう。

今のところ特にどうってことはない。ただ装置が凄い。いつものタワーよりも一回り大きいサイズで、まさにこれぞタワーという感じ。しかも電動式なのだ。

【16:30】返却すべきTSUTAYADVDの封筒が行方不明でどっきり。DVDプレーヤーの奥に埃まみれなっていた。書類を押し込んだ時に裏側へ落ちたのだ。午前中、放射線のときにヘルパーさんに投函してもらった。

いま窓際の椅子に座ってこれを打ってるが、カーテンを開けると綺麗な空だ。真綿のような雲が青空をバックにまばらに浮かんでいる。絵のようないい景色だ。

では、しばし横になりますが、気が向いたら続きを書きます。チャオ!


1月23日(日曜):明日からの本格的な治療開始に備えて鋭気を養う休日
昨夜半のこと、混濁した意識の中で時空間の狭間に落ち込んだような、SFチックな体験をした。
まるで「脳の迷路」の中を彷徨っているような超現実的な体験と言っていいか。これは二日間の放射線照射の成果?なのかも知れないと後で自分を納得させようとしたが、ある意味で貴重な体験をしたというべきか。己を呪縛している堅固な自意識の扉が若干開かれはじめたと思うことにしよう。[20:30記]



1月22日(土曜)快晴の朝:今日は治療はお休み
気持ちのいい快晴の朝です。
昨日・一昨日と放射線治療を受けました。
胸部にマジックでバッテンを描き、それを目印に放射線を当てる。
治療中は痛みも何も感じなくて、これが噂の放射線か、という感じ。
少しあっけないぐらいにジ・エンド。
これは2月10日まで続く。全16回、これが限界らしい。

来週月曜日からはいよいよ悪名高い抗ガン剤治療が始まる。
こちらの詳細な日程はまだ出てないが、相当な覚悟が必要だと言われている。
天仙液との併用が有効だと言われているので、それに希望を賭ける。

取りあえず、治療の歯車が順調に回転し始めたので安堵する。

一昨日から病室を移動した。716⇒713へ。

北側が窓で、直射日光が差し込まないので、日中ほとんどカーテンを開けたまま。
刻々と変化する空の風景が実に新鮮で見飽きることがない。
01/20のツイートまとめ
FeldenInfo

私は猫アレルギーです。それから生まれは戌年ですが、犬は飼ったことがないのでわかりません。 “@crescent1221: @FeldenInfo P.S. どちらも苦手…もアリです。”
01-20 00:38

1月19日(水曜):明日から放射線治療と化学療法(抗ガン剤)の治療が始まる
やっとここまでたどり着いた。
期間は明日から約3週間の予定。
土日は休みで週5日の治療。

以上はあくまでも予定で、
多少の変更はあるかもしれません。

かなり体力が消耗すると思うので、
面会は土曜の3時から1時間程度に限らせていただきます。
一応、事前に連絡いただければ・・・
takeshiyasui45@gmail.com
または、
ツィッターのダイレクト・メッセージでご連絡下さい。

いよいよ明日から戦闘開始というわけです。


01/17のツイートまとめ
FeldenInfo

着の身着のままに飛び出して来て、即入院ということになり、いろいろ不自由をかこっていたので、昨日曜日の午後、外出許可をもらってタクシーで一時帰宅。必要なものを取りそろえて夕方病棟へ戻る。かなり消耗した。
01-17 01:33

旧型MacBookでメールもブログの更新も出来ない。よってこちらに書きます。正月から点滴だけで。今は肩の静脈から24時間休みなく高カロリーのものを入れている。ちょっとした移動にも、点滴のタワー(何て名称か?)を引きずって動く。最初は戸惑ったが少し慣れてきた。 #cancer
01-17 01:56

ありがとうございました。 “@crescent1221: @FeldenInfo お見舞い:グレタ・ガルボ   http://www.youtube.com/watch?v=vvv686mnPV8
01-17 05:11

1月17日(月曜):放射線療法の予行演習・・・
今日は明日から始まる放射線療法の演習というべきか、
胸に何カ所かマジックでバッテンを描かれ、
それが毎回の照射点になるらしい。
照射中に体を動かしてはいけない。
動かないでいることは何の苦痛もない。

かなり短時間で終わる。
問題は明日からの放射線プラス抗ガン剤だ。
01/16のツイートまとめ
FeldenInfo

@HideyukiSato おめでとうございます。今後のご活躍、大いに期待しています。
01-16 07:35

フジテレビを観てます。小沢さん、すごく元気そうですね。頑張ってもらいたいです。
01-16 07:40

今朝の東京はうっすらと雪が積もっています。病棟の7階のま窓から雪景色を眺めています。
01-16 07:48

@fitpro_sayumi ご卒業、おめでとうございます。今後のますますのご活躍、期待しております。
01-16 07:53

@taknuno55 ええ、そうなんです。詳しくは私のブログ・日録に書き連ねています。ご心配かけてすみません。
01-16 09:04

ミアが来年もですか。それは凄い。その時は元気になって参加したいですね。 “@konradyuki: @FeldenInfo Macがネットに繋がらないと不便ですね。。。 ミア先生ご一行は前回のワークショップが好評だったため今年も来日を検討しているそうです。”
01-16 11:34

01/15のツイートまとめ
FeldenInfo

昨日習志野の病院へ入院しました。約3週間です。これはあくまでも目安です。どんな目が出るかまだ分かりません。日録を読み励ましのメールを沢山いただきました。この場を借りて心からお礼を申しあげます。
01-15 01:27

“@konradyuki: @FeldenInfo 先生、パソコンを持って入ってらっしゃるんですか? それともiphoneですか?” iPhoneとBluetoothキーボード、そして古いMacBook13”(これがメールにつかない!)こんな環境です。
01-15 12:38

“@Qchan2010: @FeldenInfo 再入院されましたこと、お見舞い申し上げます。" @ FeldenInfo どうも有難うございます。変な感想ですが、入院してほっと一息ついています。約3週間の予定ですがと言われています。
01-15 12:43

“@AsahiTsuki: @FeldenInfo 一日も早く回復されます様に、祈ってます。先生のレッスン、楽しみにしています。” どうもありがとうございます。眼のレッスンのことなど考えながら治療に専念します。
01-15 12:45

“@hashiriya: ご回復されることを祈っています。QT @feldeninfo: 1月14日(金曜):やっと入院し治療始まる http://tayasuica.blog109.fc2.com/blog-entry-414.html” どうもありがとうございます。
01-15 12:49

必ず快復して体と心の旅を続けるつもりです。 RT @esikikisin: @FeldenInfo どうか治療に専念されて、また新しいフェルデンクライスの開発を期待しています。不思議かからだの旅をさせて戴き、感謝しています。ありがとうございました。
01-15 16:15

iPhoneにMacBook旧型が加わりました。が、MBではメールがトラブって困っています。 “@crescent1221: @FeldenInfo 治療が順調に運びますように、お祈り申し上げます。iPhoneがお手元にあると、少しは退屈凌ぎになりますでしょうか?”
01-15 16:20

“@hyoutankarakuma: @FeldenInfo 分かりました。では、次の土曜日で調整してみます。所で、先生iPhoneにされたのですね。” はい、iPhone4です。週明けからかなあり激しい治療がスタートします。状態はお知らせします。
01-15 20:48

“@simsimtwit: @FeldenInfo ご快復を願っています。頑張ってください!” はい、どうもありがとうございます。
01-15 20:53

1月14日(金曜):やっと入院し治療始まる
若干の検査とコンサルテーションばかりで半月がすぎて苛ついていたが、ようやく入院治療が始まる。ここまでたどり着くのに何故これほど時間がかかるのかと思うが、連休が入ったりしてやむを得ない面もあった。

今は左腕と右肩の静脈から同時に2本の点滴を受けている。どちらも点滴液の内容は同じようなものだ。明日から肩からのものは内容が代わって量質ともにグレードアップするそうだ。

入院先は習志野病院の7階病室で窓からの眺めはなかなかいい。昼間もいいが夜景がきれいだ。そんな風流をかこっている場合じゃないが、深刻な事態に落ち込んでいるとよくなるものもよくならない。可能な限り楽天的に毎日を過ごすとしよう。本は2冊持ってきた。藤原新也『メメント・モリ』と『死ぬな生きろ』

01/13のツイートまとめ
1月12日(水曜)医療センターで点滴
9時頃目覚める。熟睡出来ず。
気力が萎えたような気分。なかなか起き上がれない。昨日点滴を受けなかったからだと思う。
布団の中でTVを観たり、枕元の本を読んだり。
10時になったので温浴40分。
12時:点滴を受けるため医療センターに向かう。肝胆膵外科の先生に昨日の報告をして相談する。通院で放射線治療と化学療法を同時に行うのは無理だと言われる。納得。
・その期間は習志野に入院にして治療を受けてから、放射線(約1週間)が終了後退院して、八千代で化学療法(抗癌剤治療)を受ける。
14時:点滴。いつもの1.5倍を希望する。3時間かかる。
18時:帰宅、予想より早かった。
・今夜は早寝するつもりが、雑事にかまけて早23時。明日はゆっくりだからまいいか。

1月11日(火曜):済生会習志野病院へ
連日の病院通いは疲れる。
7時に起きて電話予約という話だったが、
電話じゃ予約は出来ないからすぐ来いと言う。
慌てて駆けつけたが、混んでて10時頃になった。
初めてだから道に迷ったり。
午前の最後に今後の治療方針についてご相談。

結論はまだ出ないが通院治療になるようだ。
手術はせず、化学療法と放射線治療。
放射線だけ習志野でやって、
化学療法は八千代でやる手もあると言われた。
手術をしなくてもいいというのではなく、
手術が出来ない症状だということ。
しかし、天仙液を併用する場合は
手術はしない方がいいという情報もある。

明日、医療センターへ点滴受けに行くから相談してみよう。
習志野は明後日の夕方に放射線治療の先生とご相談。
その時点で今後の方針が決められる筈。
要するに手術するわけじゃないから、
入院しても仕方ない、という話。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。