>>>Memoir pour Moi-meme<<<
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成23年1月31日(月) :藤原新也『死ぬな・生きろ』をちらちらと眺めつつ・・・
午前5時:眼が覚めてトイレ。以後、眠気は去ってしまった。そのまま朝モードに切り替える。

前夜は午後5時過ぎに眠くなり、6時にはすでに就寝モード。
相変わらず小一時間ごとに眼を覚ましてトイレへ。排泄する小水を全て保存容器に入れておく。これの分析が抗ガン剤治療のための不可欠なデータ。午前10時から翌日の午前10時までの分が次の抗ガン剤処方の重要な資料となるらしい。

今日の抗ガン剤はかなり強力だと予告されている。徒刑場へ引き立てられる囚人のようなものだが、死んでたまるか!の気合いで乗り越えよう。また闘いの1週間のスタートだ。藤原新也『死ぬな・生きろ』をちらちらと眺めつつ窓外の朝日の残光に映える雲の変容をじっと見つめる。

プリンタを病室へ持ち込み、ここはまるでミニ・オフィスのよう。しかし、フェルデンクライス研究会のデータは、殆ど自宅のMAC_miniの中。どうやってこちらへ移行するか思案中。いくつかのアイデアはあるが、いつどうやって実行するかだ。

今日からまた点滴注入用の輸液ポンプが3台になった。1台は栄養剤、他の2台は抗ガン剤用。24時間体制で注入が続く。何とか早く噴門部が開通すればいいのだが。胃の出口の極端に狭くなっている部分だから至難の業らしい。いざとなれば、鼻から細い管を通し、直接胃の中へ抗ガン剤を注入する手があるらしい。

16時から放射線治療。いつもより長時間になると告げられていたが、実質20分程度だった気がする。

間もなく18時、お休みモード近づく。今日はやや気持ちが高ぶっているので本当に眠れるかどうかは分からないが、取りあえず、GoodNight!


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。