>>>Memoir pour Moi-meme<<<
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月25日火曜:抗ガン剤投与二日目
昨日から始まった抗ガン剤投与、当初は大したことなさそうと思ったが、夜中に胸苦しくおまけに間歇的にシャックリの連発と痰が絡まって眠られぬ一夜を明かす。抗ガン剤のせいなのか、それとも寒さとか別の原因なのか定かではない。今日担当の先生(千田貴志医師)の話ではそういう症例が出たこともあるというやや曖昧な回答。今日も朝からシャックリに悩まされ続けている。昨夜あまり寝てないので昼間から寝たり起きたり。今夜はサッカー日韓戦を観たいので、今の内に寝ておくことにしよう。

今朝は、そんなわけで7時には眼が覚めてしまった。8時に体重測定、10時にシャワーを浴びて、11時から放射線治療、これはわずか10分以内で終了。これは食道内の腫瘍をやっつけるため。被爆量がすごいので照射にはリミットを守らねばならないならないらしい。習志野へ来たのは、八千代医療センターには放射線治療の設備がないから。放射線が終了すると、八千代に戻って化学療法と点滴になる。この転院は2月10日頃になるはず。あと2週間余か。八千代での入院生活がどのぐらいになるかは、病状の変化しだいということになる。トータルで3ヶ月かた5ヶ月にはなるだろうと予感する。何とかこの期間を生き延びるのだ。昨日3台だった点滴の輸液ポンプ、今日は2台。休むことなくて肩の静脈から薬剤と栄養剤が体内へ送り込まれている。

相変わらず間歇的なシャックリは持続している。これが結構辛い。

スポンサーサイト
コメント
コメント
毎日の治療、大変でいらっしゃることと存じます。「しゃっくり」はシスプラチンを使っている場合に例があるようです。既にお調べかもしれませんし、今はあまりこういう情報はご覧になりたくない場合もおありかもしれないとは思いましたが、一応ご参考までに。検索語「抗がん剤 しゃっくり」でgoogle検索です。国立がん研究所東病院の情報など、です。どうぞお大事になさいますように。
2011/01/26(水) 00:02:10 | URL | 眉月 #9qBN96OM [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。