>>>Memoir pour Moi-meme<<<
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/29のツイートまとめ
FeldenInfo

市川教室のレッスンを終えて、先ほど帰宅しました。いつものことですが、事前に立てたプラン通りにはなかなか行かないものです。しかし、その場その場で参加者の様子を見ながら、臨機応変に展開を変えるとか、別の要素を入れるとかして進めます。結果として今日は思いのほかいいレッスンができました。
04-29 20:12

但し、帰路自宅の近くのスーパーに寄ったのですが、駐車場へ入ったところで前の車が停まったのでこちらもストップしてのですが、急にバックしてきて、かすかですが左のフェンダーをこすりました。こちらに落ち度はないのですが、事後処理のために30分ほどかかりました。明日修理に出す予定です。
04-29 20:17

スポンサーサイト
04/28のツイートまとめ
FeldenInfo

久し振りに”MacFan”を買った。いくつか役立つ情報を仕入れることが出来ました。殆ど毎月「日経マック」(だったか?)それにMacLife などを毎月のように買っていた頃がありましたが、今はネットで殆どの情報は手に入りますね。便利になったものです。
04-28 18:09

今日は明日の市川教室の準備をしています。テーマを決め、取り上げるレッスンもほぼ決めているのですが、事前のシミュレーションは欠かせません。
04-28 18:17

04/27のツイートまとめ
FeldenInfo

月末締め切りの原稿、下書き終わる。JFAのニューズレター用。今日はもう27日か。しかし、余裕をもって仕上げられそう。声のレッスンについて書きます。つまり声の身体感覚を深めることについて。
04-27 01:22

いいえ、まだ観てません。アバターもアリスも、それにThis is It! も。Tsutayaのレンタルにまだ出てないみたいだし。映画館行くのも面倒だし。 @kasaibon @FeldenInfo 先生、アバター、見ました?
04-27 01:34

@kasaibon アバターはツタヤのレンタルに出てたので予約しました。いつ届くかわからないけど。
04-27 03:02

5月から全部ですか。新人部員増えないようで大変ですね。 @FeldenInfo  私も、This is it、また見てないです。 買いたいのですが、まだいっか~。と思っちゃって。 アリスは確実に見に行けないですね
04-27 03:13

あっ、気がついたら3時過ぎてる。寝る前に何かやり出すと、次から次へと拡がってきます。若いときからの悪い癖です。しかし、こくいう時間こそ、いろんなヒラメキが生まれる時間でもあるのです。そうなったらどんどん頭が冴えてくる、ような気がする。しかし、もう寝ます。お休みなさい、また明日。
04-27 03:16

確かにそうですね。私は京都生まれですが、東京よりも関西の方が言葉の音楽性は豊かだ思います。また標準語と言われるものと江戸弁は違いますね。土着の言葉には特有の風味がありますね。 QT @movinmedi 田舎のほうが詩歌が育つというか、声と言葉の音としての感度が良い気がします。
04-27 14:50

04/26のツイートまとめ
FeldenInfo

@mizuhosaito 風邪はだいぶよくなりました。ご心配ありがとうございます。
04-26 11:35

朝起きてタイムラインに一通り目をとおすだけで相当時間がかかる。これから今日の仕事にかかります。雑文を10枚ほど。
04-26 12:04

iPadで電子書籍をよむとき、付箋はったり、書き込んだりできるのでしょうか?
04-26 15:16

読んだ電子書籍に傍線を引いて、あとでそれを抜き出してまとめたり、付箋部分を書き出したりできるのなら、すごい武器になりますね。
04-26 15:19

今日のノルマは一応終わりました。これからデンタルクリニックで歯の治療です。それが終わったら、もう一つ月末締め切りの原稿がある。そかから、市川教室の準備もある。どうも今週はのんびりできません。生来忙しいのは好きじゃないのです。のんびり二つの月を眺めているほうがいい。
04-26 16:31

iPadの機能を拡張するアプリがいろいろ出てきそうですね。メモ書きだけじゃなく、付箋その他も期待できそう。生来のNeophilia(by Lyall Watson)としてはそのうち衝動買いしてしまいそう。
04-26 20:15

ネオフィリア(新しもの好き)は父親ゆずりのようでパソコン関係以外にも他にもいろいろとありますね。ワープロ、ビデオデッキ、レーザーディスク、デジカメ等々。父は前立腺ガンで60台にして亡くなりました。医者の不養生の典型ですね。こればかりは受け継ぎたくなかったのですが・・・。
04-26 20:25

5月の連休は出来るだけのんびり過ごしたいので、それまでにそれまでに少しだけ頑張ってみるつもりです。フェルデンクライスのレッスンでは、みんなに"頑張らないで!"を繰り返していますが、当の本人が頑張っているとダメですね。そういうものは言葉ではなく身体で伝わってしまいます。
04-26 20:33

今週のフェルデンクライス市川教室のテーマは「骨盤の動きと全身との関係」です。脚による骨盤の支え方と骨盤による上体の支えは身体の動きの要(かなめ)で、まさに人間存在そのものの原動力と言えますね。http://bit.ly/c0K3MY
04-26 20:43

04/25のツイートまとめ
FeldenInfo

今日は声のレッスンでした。予想以上の集まりで、初対面の方も何人か。久し振りに会った方と終わって新館の2階の茶室でしばし歓談。片道2時間の道路を往復するのはかなり疲れるが、レッスンの後は、みんなのエネルギーを貰ったからか一段と元気になりました。
04-25 00:09

次回声のレッスンは5月8日土曜日です。今日の続きのようなことをやりますが、初めての方でも大丈夫ですよ。自分の声をよくしたいと願っている方、どうぞお越し下さい。http://moshe.blog114.fc2.com/
04-25 00:12

また風邪をぶり返したらいけないので、今夜はこれにて。お休みなさい。
04-25 00:13

04/24のツイートまとめ
FeldenInfo

日付が変わりました。明日にそなえて今夜は早めに寝ることにします。では、明日まで、ご機嫌よう。
04-24 00:01

@kasaibon こちらこそ劇団のみんなには心配かけて申し訳ないです。ブログには一応経過は書いてたのですが、余り目立たないところに置いていました。必ず快復しますからしばらく待っていて下さい。
04-24 00:58

湯上がりに、寝る前の1杯。例のジンジャー・カクテル。気持ちが落ち着きます。では、みなさま、今度こそ本当にお休みなさい。
04-24 01:03

@kiyoeduka はい、ありがとう!
04-24 01:03

@simsimtwit どうもどうも。みんなからの励まし、涙が出るほど嬉しいな。元気が出ます。
04-24 01:07

@hide_63 ありがとうございます。ここに上げていただいた一つ一つの作品には、限りない愛着を今も持っています。しかし、過去を後ろを振り返らず、未来を夢見て生き延びるつもりです。
04-24 01:32

さて、今度こそ本当に布団に入り寝ることにします。いい夢を見られそうです。では、また明日。お休みなさい。
04-24 01:34

おはようございます。いま朝食をすませたところ。今日は久し振りに「声のレッスン」です。明るい日差しが窓から差し込んでいます。
04-24 08:52

準備完了。間もなく車で中野へ向けて出発。2時間前後かかる。今日はさほど混んでないようだが、実際走ってみないと分からない。芝居の稽古の習慣で、1時間前には着いてないと気持ちが落ち着かない。今日の伴走者はバッハとエリック・ドルフィーかな。CDを数枚適当に選ぶ。
04-24 10:16

04/23のツイートまとめ
FeldenInfo

一応今日のノルマは終わった。さて、これから布団に入って「1Q84」3巻目の最後の約100頁を読む。昨日はまた少し体調不良で中断してしまった。しかし、1、2に比べて、かなりリズム感が異なる。何となく最後が予感できる。
04-23 01:47

@AsahiTsuki メール拝見してお返事お送りしました。
04-23 02:08

これから内科へ行ってきます @kasaibon @FeldenInfo 体調、早く良くなるといいですね。1Q84って、どんな本なんですか? 気になります。@FeldenInfo これから読む人が多いと思うので言いにくいのですが、→ http://bit.ly/aaKd3E
04-23 10:03

昨夜は1Q84book3の残りを読み終えたが、咳がぶり返してしばし寝付かれず。捻れた現実感・逆転した世界像・通俗でありながら昇華されたリアリティ。今朝もらってきた薬で咳は治まっている。明日にそなえて体調整えなくては。
04-23 14:04

月末締め切りの原稿が一つある。そろそろアイデアを決めなければならない。JFAのニュースレターに依頼されている。「俳優の仕事とフェルデンクライス・メソッド」とでもするかな。・・・うん、悪くないかも。この案を少し練ってみよう。
04-23 14:18

@uesugitakashi 昨年来DOLの文章を拝読しながら、影ながらずっと応援してきました。そして今4月22日の記事を読ませていただき感無量のものがあります。何はともあれ風穴はあいたのですよね。今後この動きが大きくなることを願い、微力を尽くしたいと思っています。
04-23 15:35

今日は事業仕分けの中継を少し観てた。ちょうどジャイカがやり玉に上がっていた。10年余り前、南米で活動するジャイカの若者達を取り上げた舞台をやったことを思い出していた。かなり読みが浅かったなと、今になって忸怩たる想い。
04-23 22:53

時代の空気はいま確実に変化しつつあるようだ。表層では一見混沌としか見えないが、水面下の深い次元で、確実に動いている渦巻きのようなものが予感される。それが表に姿を見せるのはいつのことだろう。1年後か数年後か、それとも十年以上かかるのか、生きているうちにその時を迎えられるのだろうか。
04-23 23:57

04/22のツイートまとめ
FeldenInfo

声のレッスンの準備中。声は何度も取り上げてきたが、今回参加する人たちは初めての方が殆どなので、新鮮な気持ちで取り組まなければ。改めて要点を整理してノートを作成中。レッスンは今週の土曜です。http://bit.ly/9jOxQb
04-22 22:49

04/21のツイートまとめ
FeldenInfo

声のレッスンについて、以下十数回つぶやきます。関心のない方はどうぞスルーして下さい。
04-21 00:56

みなさんは自分の声を聞いたことがありますか? 確かに声を出しているとき、自分の発する声を自分の耳でキャッチしています。しかし、その自分で聞いている自分の声は、他のひとが聞いている自分の声と同じではありません。
04-21 00:57

自分の声を録音して聞いた経験はどなたもあると思います。レコーダーから聞こえてくる自分の声を初めて聞いたときのことを覚えていますか。それまで自分の声について抱いていたイメージとレコーダーから聞こえてくる自分の声との落差に愕然としなかったひとは、おそらく皆無ではないでしょうか。
04-21 00:57

レコーダーによって再生される声は、写真の場合と同じように、機械的な変形を受けるので、その瞬間の生きたフィーリングをまざまざと再現してくれるわけではありませんが、録音された自分の声に対し自分自身が抱くほどの違和感を他のひとが感じるわけではありません。
04-21 00:58

最近の技術では、手軽なレコーダーであっても、かなり正確に人の声を再現してくれます。だから他人は録音されたあなたの声を聞いても、あなたの生の声との違いには殆ど気づかないのが普通です。どうしてそういうことが起こるのでしょうか。
04-21 00:58

そのひとつの要因は自分の声を聞く場合の生理的メカニズムを考えてみれば分かります。声は声帯で生まれた振動が内部の共鳴腔で増幅され、口から外へ空気中の音波となって広がります。その音は自分の耳へも他人の耳にも同じように入ってきます。そのかぎりでは自分も他人も同じ音を聞いているわけです。
04-21 00:59

しかしそれ以外に、自分の声には体内で増幅された振動が骨伝導等によって内耳へ直接伝わってくる音が加わります。自分以外のひとにはこの声は聞こえませんが、本人にはこちらがかなり大きい割合を占めているのです。
04-21 01:05

もう一つはるかに重要な要因があります。それは自分の声について自分自身が抱いているイメージにあります。声の自己イメージは先のフィジカルな要素もその一部としては含みますが、さらに大きく生まれてからの環境や自己教育の結果として社会的・文化的・生理的諸条件に制約され規定されて育まれます。
04-21 01:05

それは声についての感覚や概念、音質や音色の好み、声によるコミュニケーションの個人的特質として、深く身に染みついています。たとえば、自分では内的欲求にしたがって生き生きとしゃべっているつもりでも、周りのひとには生気のないしゃべり方だと思われたり、その逆の場合もあります。
04-21 01:05

声について何かを指摘されると、往々にして深く傷つけられた気がするのはそのせいです。声がそれほどにも自己イメージに強く制約されているのだとしたら、自分の声を客観的に聞くことは不可能だということになります。
04-21 01:06

04/20のツイートまとめ
FeldenInfo

今日はゆっくり「1Q84]を読んでいます。午後はゲラの校正。続きは野球中継が終わってから読むつもりです。
04-20 20:00

@hashiriya どうもありがとうございます。このところの症状は猫アレルギーじゃないかと言われました。私は猫のそばにはいませんが、たまに訪ねてくるのが猫たちに囲まれています。
04-20 21:47

誰でも録音した自分の声を初めて聴くと、例外なくもの凄く落ち込みます。私の声のレッスンはそのことを前提にしています。 @hashiriya 「声」といえば6,7歳の頃、録音した自分の声を聞いて落ち込みました。鼻にかかった嫌な声。今も引きずっています。
04-20 21:52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。