>>>Memoir pour Moi-meme<<<
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成23年2月18日(金):ようやく転院先が決まる
転院先が二転三転し、8人部屋しかないとか、いろいろ難題が山積で、ほとほとノイローゼ気味になりましたが、今朝、ようやく決定しました。

新しい転院先・勝田台病院から、個室が空きましたという連絡。8人部屋だと荷物を3分の1以下にしなけばならないところ、何とかほぼ現状のまま転院出来そうです。

症状そのものはまだ楽観出来る状態ではなく、暗いトンネルの先のはるか彼方に、ぼんやりと見える出口らしきものの明かりがあるだけ、それはいつ消えるか分からないはかないものでしかありません。しかし、その明かりをたぐり寄せるしか生きる道はありません。





スポンサーサイト
平成23年2月15日(火):昨日・今日と精密検査が続く
昨日・今日と精密検査が続く。

特に今日は経口でバリウムを飲み、胃のレントゲン撮影。規定量全部は飲めなかったが、なんとか半分は飲むことができた。口から直接胃の中へ入れることができたのは、入院以来はじめてだ。アグレッシブな気持ちを忘れなかったお陰だと思いたい。

しかし、ガンとの真の闘いはこれからスタートする。いよいよ天仙液の出番でもある。




平成23年2月10日(木):習志野での最終治療日
6時30分AM:採尿のあと、便がまだ出きってない感じが残る。腸の活動が弱っているようだ。思い切って漢方の座薬を使用する。
8時45分AM:座薬のおかげでかなりの量の便が出て、胃のむかつきも改善された。
9時AM:千田医師の回診。
・いよいよ明日がここでの治療最終日だが、その後の三連休が何とも歯がゆい。
・今日も曇天、寒い一日になりそう。布団にもぐったままの一日になりそう。

12時過ぎから鉄剤の点滴が始まる。約1時間半で終了。
抗ガン剤の副作用で生じた口内炎を抑える薬剤を塗布。

正午あたりからところどころ晴れ間が見えるが、外は寒そう。
トイレに行く以外、今日は殆ど眠っている。

15時から放射線治療、約20分。
・1月分の入院費・診療治療費等を支払う。1階まで車椅子で介添えを依頼。
・今回の入院治療の結果について、担当医からははっきりしたコメントは出ない。全て最終段階での精密検査待ちなのだろう。








平成23年2月8日(火):いくつかいい兆候も出てきたような気がする

7時起床:空は一面雲が低くたなびき、曇天の気配。夜はぐっと冷え込んで霙が降るとか。
・唇の荒れが気になり、早々に歯磨き・洗顔・髭剃りを終え、唇の内側に歯科処方のリップ・クリームを塗る。
・事務的なメールを二三通出す。疲れが出たのでしばし仮眠する。

・10時頃、タンパク質ほか補給の栄養剤を腕の静脈から注入。
・同時に、鉄剤の点滴も始まる。

午前11時頃、担当の千田医師の回診。経過を報告しアドバイスを受ける。

腕の静脈からの点滴で、セーターに腕を通すことができない。横になって布団をかぶるが寒い。

14時半~15時:放射線治療のため、点滴タワーをつれて車椅子で一階の治療室へ。

18時半の採尿のとき、かなり多量の大便が出る。吉兆と思いたい。

19時:そろそろ就寝モードに移行。






平成23年2月7日(月):習志野病院最後の治療週間が始まる
今日も7時過ぎの目覚め。少しもやってたが、徐々に快晴の空が拡がる。

朝から少し嫌な体験。採血に来た看護婦が新米なのか、2回針を刺して2回とも失敗。体を起こそうとすると、強引に寝てて下さい、と命令口調で言って押し倒す。2回の失敗でさすがに気が引けたか出直してきますといって他の部屋を回ったらしい。再度現れれたので、座ってるからやってっくれ、というと寝てないとできないと言う。「あなたの採血は拒否する」と宣言して別のナースに来てもらった。座ったまま一発で成功。以上、素人ナースに迷惑を被った一幕。

昨夜はかなり多くの大便が出た。腸の機能が徐々に快復しているのか。いい兆候かも。この調子でどんどんよくなるといいのだが。今日から10日まで、習志野での最後の治療サイクルがスタート。成果を期待。

午前9時:歯磨き・洗顔・髭剃り

午前10時30分~11時10分:歯科診療・舌の痛みはなくなったが唇が荒れて痛い。塗り薬の処方。抗ガン剤がまだ来ない。

午前11時30分~12時:珍しく午前中に放射線治療。

15時:00より、貧血気味故、鉄材の点滴、毒々しい濃い焦げ茶色の液体。約1時間で終了。

16時頃:歯科より唇の荒れ防止のためのリップ・クリーム届く。快適。

・点滴タワーの電源コードを約2メートル延長、これでいちいち抜き差ししなくても室内自由に動き回れるようになった。

間もなく18時、そろそろ就寝モードへ移行。








平成23年2月6日(日):週に一度の休養日
平成23年2月6日(日):
いつものように5時過ぎに目覚める。かなり寝苦しい一夜を過ごす。栄養剤の点滴のみなので、何が原因か分からない。今日は薄曇りの朝、日差しはやや弱い。すぐに起き出す気持ちになれなくて、布団の中でぼんやりと時間を過ごす。

久しぶりにテレビでニュースをチェック。大相撲が大変なことになってる。エジプトの争乱はアメリカ主導で何とか収拾か。アメリカが一番怖がっているのはアラブの過激派、それをイスラエルと共有している。

9時になって歯磨き・髭剃り・洗顔。さっぱりしたところで一息つく。

今日は1週間ぶりの休養日。種々用件を片付けた。早めの布団に入ったので、眼が覚めたとき、朝かと思ったらまだ宵の口だった。体調は思いの外快調。ただ眠い、やけに眠い。明日からに備えて今夜はよく寝ておくに限る。





平成23年2月5日(土):今週の抗ガン剤は終わり、シャワーを浴びてさっぱり
点滴の袋は三つぶら下がっている。抗ガン剤の注入は今日の夕方まで続くらしい。今日の午後は週1回の面会日。1時半頃に家族が来る。その後、3時からの面会予定は今のところなし。

昨夜は若干寝苦しかった。相変わらず約2時間ごとに起きてトイレ。その割に睡眠不足の感じはない。睡眠にもリズムがあって短い周期で深い眠りと浅い眠りが交代すると言われている。

今日も快晴、空気は限りなく乾燥し、肌がかさかさになる。ボディーローションは欠かせない。

『ブログ・昼下がりのカフェテラス』のネタを種々考えてみる。いろいろと出てくるが何から手をつけるか? Utube画像を貼り付けようとしているのだが、失敗。画像のHTMLがそのまま出てくるだけで、肝心の画像が出ない。どこが間違っているか分からないのでライブドアへ質問を出した。回答待ち。

まだ午前中か。早起きすると午前中に随分仕事ができる。これから思い切って生活習慣を改めよう。仕事は全て午前中に。この歳になって本当に改まるかどうか? 努力するにしくはない。

11時半:本日の体調、快調とは言い難い。そろそろ歯磨き・洗顔・髭剃りにかかるか。

12時から13時までしばし昼寝、うとうと程度。

13時半~14時半:T&M面会。

15時:今週の抗ガン剤終了。点滴が1台になった。すっきり。

16時半よりシャワー、脚が不自由なためシャワー用の椅子に座り約1時間かかる。これは脊髄腫瘍が原因だが、久しく検査してないので、今回の入院期間中に一度精密検査を受けた方がいいだろう。山王病院でのPETの写真なども必要。

肩静脈の点滴部をチェック、絆創膏など貼り替え。

18時20分:今日の予定はほぼ終了、後は寝るだけ。






平成23年2月4日(金):これで多難な一週間が取りあえず終わる
6時半に目覚めてカーテンを開ける。まだ外は薄暗い。
7時過ぎに朝日が斜めに部屋に射し込む。今日も快晴の模様。空気が極端に乾燥している。肌が荒れてたまらないので仕入れたばかりの"UL-OS"を肌にすり込む。このボディーローションは結構優秀だ。メーカーは点滴液と同じ大塚薬品。

転院にまつわる種々の問題を考える。日程が流動的なのでいくつかの可能性を考慮する必要あり。取りあえずトライバーを確保しなければならない。まずは無駄な荷物の整理だ。

ヤマト運輸で預かりとなっている荷物の引取の件で電話連絡。話がつくまで随分時間がかかって苛つく。

10時になったので劇団の川口氏に電話。転院とドライバーの件で相談。

11時:洗顔・歯磨き・髭剃り。ここまでですっかりくたびれ果てた。まだ午前中なんだ。

取りあえず、現時点で自宅へ送り返すべき荷物を整理、空いたカバンに詰める。結構多くなった。朝からよく働いた。ちょっと仮眠。

14時:担当の千田医師の回診。来週以降の段取りについて再確認。今日の予定はあと放射線のみ。夕方近くになるかも。

15時:放射線の呼び出し、所要時間約10分余。

以上で今日のノルマ完遂。




平成23年2月3日(木):八千代医療センターへの転院について

・午前0時10分:採尿1
・点滴液・抗ガン剤交換
・午前2時10分:採尿少量
・午前4時:採尿
・午前6時20分:採尿(やや多量)音無のオナラあり。
・午前6時50分:眠いが眠れない。カーテンを開ける、朝日が部屋に差し込む。
・午前7時30分:完全に眼が覚める。(脱毛やや増えたか)
・8時半~9時:洗顔・歯磨き・髭剃り

9時20分:久しぶりに担当の千田貴志ドクター来室、今後の段取りについて説明を受ける。2月10日で照射線治療を終了し、その後、日を改めて最終的に患部の状態をチェックするための検査を行う。これは10日以後になるとのこと。従って、八千代医療センターへの転院はそれの結果が出てからになる。

14時:CD入門編を発送

14時30分:採尿(朝からほぼ2時間置きに)

15時:放射線(約20分)

15時50分:ヘルパー2人でシーツ交換(約10分)実に手際がいい。プロの流儀だ。

以後2時間置き程度に採尿

平成23年2月2日(水):苦しい一夜を何とか乗り越えた
起床5時
体のだるさは減少、ほぼ正常に戻る。苦しい一夜だった。

カーテンを開けると右手東の方から朝日が部屋の中まで差し込む。今日も快晴の模様。
・昨日の日録をアップして室内を少し整理。
・ネットで調べ物。身体障害者手帳について。

8時50分~9時10分:洗顔、歯磨き、髭剃り。
9時20分:ベッド周りの整理
・皮膚が乾燥する。水仕事のせいもあるが、空気が乾燥している。ボディーローションが必要だ。
・担当ナースの木村さんが三日ぶりに姿を見せる。やはり安心感がある。右腕の静脈から栄養剤の点滴。これはポンプを通さない。

11時30分:体重測定、47.9kg(着衣のまま)
・このところ愛用している"Echofon"でツィッター・チェック.
11時半~12時:放射線照射(実質20分以下)治療中に無音のオナラが出る。
今朝からの採尿は利尿剤のせいで、いつもより頻度が高い。

13時:発作的に新たに三つ目のブログをオープン「昼下がりのカフェ」

17時:劇団の川口氏に電話し、日時未定ながら、誰か若者に転院時の車のドライバー選定を依頼する。
17時40分:採尿時に初めて音入りオナラ出る。吉兆なり。

18時05分:夜勤のナースさんが登場。
18時30分:"NisusWriterPro" の新バージョンをDL。実に多機能で単なるワープロを超えている。数式エディタまでついている。使用目的は単なるテキスト入力だが、スピード感があって心地よい。

18時55分:採尿、さて寝るか。右腕の点滴がなくなり、2台のポンプのみ。利尿剤のせいで余り眠れないかも知れない。

今日はこれでグナイ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。